医療レーザー脱毛ってやっぱり痛いの?

医療レーザー脱毛ってやっぱり痛いの?

医療脱毛の施術を受けるにあたって、一番気になる点が痛みの有る、無し、またどの程度の痛みなのか、それが我慢できる程度なのか、ということでしょう。

 

毛質や部位による痛みの違い

イメージ

痛みの感じ方は個人差がありますし、毛質や体の部位によっては痛みを強く感じたり、弱く感じたりするところがあります。毛質が太いところのほうが、細いところより痛みを感じやすいですし、体の部位は、柔らかい部分のほうが敏感です。もちろん、よく言われることではありますが、普通肌よりも乾燥した肌のほうが痛みを強く感じますので、場合によっては施術前によくジェルを塗ったりして保湿をすることがあります。毛の密度が高い部分の方が痛みは強いです。

 

もちろん、医療レーザーは、光脱毛に比べて出力の高い機器を使いますので、痛みのケアとして、施術前に、麻酔のクリームなどを塗ってから施術をします。ただ、一般にいわれるように、肌をゴムでパチリと弾かれる程度の痛みといいますので、慣れてくるとさほど痛いと感じなくなるようです。

 

医療レーザー機器による痛みの違い

また、医療レーザー機器も、肌質によって選べるようになっているクリニックも増えてきました。レーザーも、アレキサンドライトレーザー、G-max、YAGレーザーなど種類があります。ダイオードレーザーなどもあります。このダイオードレーザーは、一般的に痛みが少ないといわれ、人気のレーザー機器です。

 

いま話題のライトシェア・デュエットというレーザーは、このダイオードレーザーにあたります。スポットのサイズが大きく、施術の時間も痛みも緩和されています。導入している医療クリニックも簡単に調べることができます。

 

とくに痛みが気になって、医療レーザー脱毛に不安感を感じている人は、このダイオードレーザーを使用しているクリニックに行ってみたらいいでしょう。もちろん、他の医療レーザーを使用していても、痛み対策をしっかりしてくれますし、万一トラブルの際にはしっかりケアしてくれますので、医療クリニックの施術のほうが安心なのは間違いないでしょう。


このページの先頭へ戻る